評判の視力検査|安心の15項目
安心の15項目!視力測定 無料実施中

ドクターアイズでは安心の15項目の視力測定を行いお客様に合ったメガネを製作しております。初めての眼鏡を作られる方でも、安心してお作りいただけます。

安心視力測定は15項目

1. 眼の基礎機能を測定
- 問診・ヒアリング
- 予備測定・オートレフ測定
- カバーテスト
- 利き目テスト
2. 近視・遠視・乱視・老眼測定
- 遠方測定
- レッドグリーンテスト
- 乱視測定
- 調整力測定
- 加入度測定
- 仮枠テスト
- 度数の説明・ヒアリング
3. フレーム装着時のバランスを整えます
- プレフィッティグ
- 遠用アイポイントチェック
- 近用アイポイントチェック
- 精密加工

ドクターアイズと他店との違いは多くありますが、その中でも「視力測定」には自信があります。最近では簡単な項目のみや、機械を使った測定のみで眼鏡を製作する店舗も多くあります。私たちは、より快適で使いやすいものを作る為、測定項目も多く設定しております。

 

 

1. 眼の基礎機能を測定

まずはじめに眼の基礎機能を測定いたします。これは裸眼の状態でどの程度の距離までハッキリ見えているかだけではなく、現在のご利用のメガネ不満をヒアリングすることでお客様に合った度数設定を行う目的があります。

- 問診・ヒアリング

お客様の眼の状況等についてお聞きします。見たい対象との距離によって度数は変化致します。遠く用の度数、パソコンなどの中間の度数、本を読むなどの近く用の度数といった具合です。見たい対象を明確にすることは、負担の少ないメガネを作る第一歩となります。

 

- 予備測定・オートレフ測定

製作視力の基準となるものを機械で計測いたします。遠くの距離を見えるように自動で設定されるもので、正確な度数の目安となります。

- カバーテスト

機械で自動設定されたものを目安に、実際に視力を片目ずつ計測していきます。この時、調整力の違いや、年齢などによって快適な度数は異なってきます。そこを人の手で調整することで
使いやすい度数設定が可能となります。

- 利き目テスト

「利き手」「利き足」のように眼にも「利き目」というものがあります。この利き目を中心に度数を設定することも大切なことです。

ランドル環とフレームの画像

 

お客様の眼の状態「近視・遠視・乱視・老眼」の把握と、情報の共有をすることで必要最低限の度数設定とメガネのご提案が可能となります。

2. 近視・遠視・乱視・老眼測定

- 遠方測定

お客様の眼の状態「近視・遠視・乱視・老眼」の把握と、情報の共有をすることで必要最低限の度数設定とメガネのご提案が可能となります。

- レッドグリーンテスト

設定した度数が強すぎる場合は「みどり」弱い場合は「あか」が強く見えます。視力測定の基本となるテストですが、最も大切なテストです。

- 乱視測定

近視や遠視は、見るものまでの距離によって見え方が違う目です。 乱視は、見るものまでの距離にかかわらず、ぼけて見えます。つまりどこにもピントが合わない目なのです。そして近視(遠視)に乱視が加わると、さらに見えにくくなります。乱視の度数をしっかり把握することはとても大切なことです。

- 調整力測定

個人によって眼の調整力は異なります。この調整力を加味することで、余計な度数を設定しないことに繋がります。

- 加入度測定

遠くを見えるように度数設定することは、近くを見づらくすることに繋がります。この近くの見え具合を確認することで、「老眼度数」の必要があるかを判断いたします。

- 仮枠テスト

測定した度数を実際に仮枠にて装着していただきます。フレームと眼の距離によっても見える状態が大きく変わる為、時間をかけてじっくり調整いたします。

- 度数の説明・ヒアリング

設定したメガネの度数について説明をさせていただきます。また、使用状況によって見え具合も変わりますので、使用方法も説明をさせていただきます。

フレーム画像

 

フレームを実際にかけていただきの状況に合わせてフレームを調整いたします。眼鏡のかけ心地を左右する部分ですので、多少お時間をいただく場合がございます。あらかじめご了承ください。※フレームの材質によっては調整できない場合もございます。

3. フレーム装着時のバランスを整えます

- プレフィッティグ

メガネフレームの調整を行うことで、より快適な掛心地を実現できます。

- 遠用アイポイントチェック

遠近両用など累進レンズの場合、眼の位置によって度数が変化します。遠くを見る場合のお客様の癖を把握しあらかじめ度数の位置を調整することで使いやすく、慣れやすい遠近両用となります。

- 近用アイポイントチェック

近くの度数視野の部分は遠用部分よりも広く設定されていることが多く、調整なしでも慣れやすくなっています。しかし、レンズによって設定幅が違う為、調整を行うことでレンズの持っている最大限の能力を発揮させることができます。レンズの特徴を生かし、慣れやすく、快適な遠近両用を作ることが私たちの目的です。

- 精密加工

メガネは測定した度数のレンズとフレームの組み合わせで初めて完成品となるものです。ですので、良い眼鏡は素材等の組み合わせの良し悪しに加えて、その組み合わせを活かす加工技術も
大変、重要なのです。ドクターアイズでは、「お客様の快適性」を最優先に、熟練のベテランが最新の加工機と技術でメガネを製作を行っております。例えば、「メガネが壊れてしまったからなるべく早く欲しい」…といったお客様にも対応できるように数時間以内で作製・お渡しする店舗やスタッフがおります。(営業時間や店舗状況、店舗等により対応できない場合がございます)。また、フチなしレンズのメガネは、機械はもとより熟練の技術がないと出来ない難しい加工です。特殊加工の商品に関してお時間を少々いただきますが、本社加工工場で高品質に仕上げることが可能です。どのメガネに関しても仕上がったものは、レンズの負担となるような歪みの有無等を熟練した眼で最終確認し、お客様にお渡しできる製品かどうかを厳しく検品しています。

 

クーポン券