累計販売本数29万2千本突破!人気の超耐久、超軽量、超柔軟メガネ『ゴムプラーフレーム』

「超柔軟」「超軽量」「超耐久」で累計販売本数29万本を突破!ドクターアイズの看板商品「ゴムプラフレーム」。人気の秘密は何といってもこの耐久性。脅威の復元力は他のフレーム素材とは別次元です。また、耐久性だけではなく、フレームの軽さ、掛心地もトップクラス!是非店頭で実際にお手に取ってお確かめください。

 

 

「ウルテム」「βプラスチック」「樹脂」「TR-90」「チタン」などの素材をデザイン性や機能性、使用目的に合わせて素材を厳選採用することで、メガネフレームを快適で丈夫な存在に昇華させたのが「ゴムプラ」です。メガネフレームは、その使用目的によって『デザイン』や『素材』に向き不向きが存在します。ゴムプラは先ず、ユーザーの使用目的を根本に置き「デザイン設計」「素材選択」を行います。だからこそ、「快適なメガネ設計」を実現することができ、ユーザーはニーズに合わせた最適なフレームを選ぶ事が可能です。是非フレームを選ぶ時は、販売スタッフに使用目的を伝えてください。お客様の快適な1本を探すお手伝いができるはずです。

【ゴムプラフレームの価格】

※店舗や時期によって商品の在庫がない場合がございます。またセールなどで価格の異なる場合がございます。在庫の確認は店舗でお確かめください。

 

 

 

 

【ゴムプラフレームの特徴】

 

 

このフレームの素材は柔軟性と軽さで人気のある「ウルテム」「βプラスチック」「樹脂」「TR-90」「チタン」などから素材を目的に合わせ『フロント部分』『テンプル部分』に厳選して採用しています。どの素材でも共通して言えるのが、圧倒的な「耐久性」です。素材を採用する部分を厳選することで、耐久性を高め壊れにくい眼鏡フレームを作り上げています。

 

デザイン性をこだわるあまり、フレーム自体が重くなってしまうことはよくあることです。セルフレームやメタルフレームなどはその典型といえます。ゴムプラもデザインはこだわります。しかし、かけ心地を無視しては眼鏡の本来の目的を失ってしまいます。ゴムプラは無駄なデザインをそぎ落とし極限の『デザイン性』を目指して作られています。デザインにあわせた素材選びもゴムプラが快適なメガネである理由の一つといえます。

 

メガネを掛けるという行為において、重要な役割をしているのが「テンプル」部分です。耳と眼鏡を支えるこのパーツにドクターアイズは注目し、テンプルカーブ設計を見直しました。顔のカーブに合わせた曲線で構成されるゴムプラのテンプルカーブはバランス性の高い状態で眼鏡を支えます。長時間の使用でも疲れを感じさせないようにする為、細かい部分までこだわって作っているメガネフレームです。

 

ゴムプラは耐久性を極限まで上げる為、自社で耐久試験を行っております。お客様が安心して利用できるようにフレーム1本1本と向き合って、メガネを製作しています。


ゴムプラフレームのラインナップの一部をご紹介。店舗や時期によって商品の在庫がない場合がございます。またセールなどで価格の異なる場合がございます。在庫の確認は店舗でお確かめください。

TB004-2-1 YB-0002-04-01 YB0001-03-01
YB0002-03-01 YB0002-01-00 YB0003-04
YB0003-03 YB003-01
NDH-0038-01 NDH-0038-04 NDH-0038-02


この記事をシェアする!