オススメ老眼鏡メガネ特集|ドクターアイズ老眼鏡

年齢とともに無関係ではいられなくなる老眼。

でも、最近の老眼鏡はポップで買いやすいものも増え、呼び名も「シニアグラス」や「リーディンググラス」などのようにオシャレになっています。

フレームタイプやデザインのバリエーションも豊富になり、年々、洗練されたものが増えている老眼鏡。

今回は『安価な老眼鏡』と『眼鏡店の老眼鏡』の違いやドクターアイズのおススメ老眼鏡のワケをご紹介いたします。

価格 ドクターアイズ老眼鏡1本5,000円~3本セット9,900円~(薄型非球面レンズ付)

まずは、老眼鏡が必要かチェックしましょう!

老眼鏡の選び方

現在では100円ショップでも販売されている老眼鏡ですが、正しい度数の老眼鏡選びをしなければ、目に負担をかけ、疲れやすくなってしまいます。

ここからは、まず既存製品(出来上がり商品)の老眼鏡の度数の選び方についてご紹介します。

物などを見やすくするためのメガネレンズには「度数」があります。この度数を目安に見たい対象物との距離を確認していきます。

老眼鏡にも「老眼度数」と言われる度数があり、年齢によっておおよその老眼度数の目安があります。老眼度数と対応年齢の目安は次の通りです。

ただしこちらの度数は『目安』となっております。

  • 40歳~45歳:+1.0
  • 45歳~50差:+1.5
  • 50歳~55歳:+2.0
  • 55歳~60歳:+2.5
  • 60歳~65歳:+3.0
  • 65歳~:+3.5
  • 70歳~:+4.0
  • 75歳~:+4.5

既存の老眼鏡にはこれらをもとにあらかじめメガネに度数が入っているものになります。

『安価の老眼鏡』と『眼鏡店の老眼鏡』の違い

100円ショップでも購入できる既存老眼鏡ですが、メガネ店の老眼鏡と違いはなにかについて。

一番『老眼鏡』として違うのは『度数』です。

既存の老眼鏡は大まかな度数のみの販売でもちろん左右の度数も同じものです。

上の表の老眼度数を目安として製作されています。

当然乱視にも対応してませんし、近視の方にも対応はできてません。

ドクターアイズの老眼鏡の度数は自由自在です。
その人の目にあった度数、その人の使用目的に合った度数にすることができます。

レンズの焦点位置も違います。
安価の老眼鏡は既製品ですから、使う人の目にはあっていません。

眼鏡店の老眼鏡は、その人の目の位置とレンズ焦点の位置を十分に考慮し、使用目的にあった状態に作られています。

ドクターアイズの老眼鏡がおススメなわけ|安心の視力検査

ドクターアイズ視力測定は安心の15項目!これは一般的な低価格メガネ店の老眼鏡とは異なる特徴の一つですし、出来合いの老眼鏡とは違う部分です。

低価格メガネ販売だけではなく、高品質メガネフレーム製作がドクターアイズのコンセプト!

視力測定もしっかり高級店並みの詳しさで測定します。

ドクターアイズの老眼鏡がおススメなわけ|フレームの品質・種類の豊富さ

ドクターアイズの老眼鏡は店内のフレームから自由に選ぶことができます。

ですので、使う人に合わせたサイズやデザイン、フレーム素材を選ぶことが可能です。

また、レンズは『薄型非球面レンズ1.60』を標準装備。度が強い方や、歪みが気になる方も

安心ですね。

超お得なメガネクーポン|メガネを購入するときに利用できます!

ドクターアイズでは超お得な購入可能なメガネクーポンを発行しています。

通常で購入しても低価格ですが、その金額からさらに値引きが可能です。

是非、ドクターアイズメガネをご購入の際はクーポンもご利用ください!

評判がいいメガネ店NO.1|購入者のクチコミがドクターアイズの特徴!

メガネ店評判クチコミは実際に利用した人の正直な感想です。

ネットで『ドクターアイズ評判』と検索してみてください、きっと満足度の高いドクターアイズの利用者様の感想が見れると見れると思います。

もちろん、『100%いい評判』ではありませんがドクターアイズは日々の営業を評判クチコミをしっかり繁栄させて営業しています。

初めての眼鏡でも安心!|ドクターアイズ来店予約システム

初めてメガネを作る時や、初めての店舗へ行く時って不安がありますよね?

ドクターアイズならそんな不安なあなたも来店予約システムがあるので安心です。

スタッフ一同お客様をお待ちしております!

この記事をシェアする!