ブルーライトのお子様への影響!『PCメガネ』はお子様の眼を守ります!

今回は昨今話題に上がっている『ブルーライト』について詳しく説明したいと思います。

 

『ブルーライトってなに?』

ブルーライトとはスマホなどのLED液晶のものから発生する青色光です。パソコンやTVなどは今LEDが主流となっており、

液晶画面からブルーライトは多く発生します。ブルーライトは可視光線の中でも非常にエネルギーが高く、網膜まで到達するほどです。

 

『ブルーライトを浴びすぎるとどうなるの?』

眼の疲れや生体リズムへの影響があったり、頭痛などの症状に発展する可能性が考えられます。

紫外線は日焼けなど、私たちの身体に強い刺激が与えます。ブルーライトも紫外線に近い色なので、同じように刺激が強く

眼や脳だけではなく、様々な悪影響を及ぼします。

 

子供への影響はあるの?

お子様はテレビを見たりゲームをしたり、スマホで動画を見たりと大人と同じくらいブルーライトを浴びています。

成長過程のお子様の眼の水晶体は透明で濁りが少ない為、大人以上にブルーライトの影響を受けてしまうといわれています。

また、お子様は自覚がないので、訴えることはしません。ですから気が付かないうちに眼の負担を蓄積してしまっている可能性があります。

 

ブルーライトは子供へどんな悪影響があるの?

睡眠前にスマホなどを見るのは体内時間が狂ってしまう原因になります。

眠れなかったり、熟睡できなかったり、お子様の発達に大切な睡眠の質が悪くなってしまいます。

目の筋肉や視覚を認識する脳が疲れてしまい、眼精疲労につながります。眼精疲労の状態は視力低下の原因となり、

ブルーライトの刺激を受け過ぎることは、大人以上に子供の視力に大きく影響します。

 

PC眼鏡の効果とは?使ってみて感じた印象

効果を実感している人の多くは、パソコンやスマホを長時間使ったときの目のチカチカ感やシバシバ感が軽減されたといいます。

特にデスクワークなどをしている人は実感することですが、パソコン画面を1日中集中してみていると目の奥が重くなったり、蛍光灯の明るい光に目を移した際にチカチカするような感覚を覚えたりといったことがあります。

もしくはパソコン画面を見ている最中に視界がぼやけたり、白い靄がかかったりするようなこともあります。

このような目の不調がブルーライトカットのメガネをかけることによって大幅に軽減される効果を実感している人が多いようです。

目の疲れだけでなく、ブルーライトメガネをかけながら長時間パソコンをやった後に、メガネをはずしてパソコン画面を見てみると目に突き刺さるような強い光を感じるはずです。

このようなことからもブルーライトメガネは目の保護に大きな効果をもたらしているといわれています。

目の疲れなどからくる偏頭痛や肩こりが減るなどの効果を実感している人は多いようです。

 

この記事をシェアする!