似合うメガネの選び方


メガネを選ぼうとする時「メガネが似合うのかわからない」と悩むことってありますよね?

実は、似合うメガネの選び方には法則があるんです。
選び方のコツを押さえて自分にぴったりのメガネフレームに出会いましょう。

眼鏡の似合う基準とは?

point1  眼鏡フレームの掛ける高さに気を付けよう!

眼鏡フレームには様々な形があります。眼鏡販売店で試着をするときは、まず黒目フレームの位置を確認してみてください。

レンズの真ん中付近に黒目がくることでメガネをかけた印象が変わってきます。眼鏡フレームをかけた時に確認しましょう。フレームによっては調整などで高さを変えることもできます。詳しくは販売員まで。

 

眼鏡フレームの掛ける位置(高さ)によって印象大きく変化します。

黒目の位置が中心よりも上側にある場合、弱弱しく、頼りない印象を与えます。またレンズ度数がしっかり使えない為に見えずらい眼鏡になってしまいます。

鼻幅があっていないことを解消できれば似合う眼鏡になります!

〈解決方法〉

鼻パット付眼鏡を探しましょう!

鼻パットを付けることができないか、聞いてみましょう!

黒目の位置が中心よりも下側にある場合、違和感のある印象を与えます。またこちらもレンズ度数がしっかり使えない為に見えずらい眼鏡になってしまいます。

鼻幅が狭すぎるのが原因と思われます。解消できれば似合う眼鏡になります!

〈解決方法〉

鼻パット付の眼鏡を探しましょう!

鼻パットを付けることができないか、聞いてみましょう!

 

point2  眼鏡フレームの横幅に気を付けよう!

眼鏡フレームはそれぞれレンズの横幅が異なります。眼鏡を掛けた時のレンズの幅にも注目してみてください。

黒目の位置が中心よりも外側にある場合、離れ目な印象を与えます。また眼鏡フレームが小さく幅が狭いため、長時間かけていると痛くなったりすることも考えられます。

眼鏡が小さすぎるのが原因と思われます。適度な大きさのものを選びましょう。似合う眼鏡になります!

〈解決方法〉

眼鏡は少し横幅が大きめのものがおススメです!

・ブリッジの部分の広いものでも代用ができます!

黒目の位置が中心よりも内側にある場合、寄り目な印象を与えます。また眼鏡フレームが大きく幅が広いため、ずれやすく、落ちてきやすくなることも考えられます。

眼鏡が大きすぎるのが原因と思われます。適度な大きさのものを選びましょう。似合う眼鏡になります!

〈解決方法〉

眼鏡は少し横幅が大きめのものがおススメですが大きすぎてはダメ!

・ブリッジの部分の狭いものでも代用ができます!

 

point3 メガネフレームのサイズを知ろう!

似合う眼鏡フレームにはサイズ感が重要です。眼鏡フレームサイズを知りましょう!

眼鏡フレームサイズはお顔のサイズと同じくらいがベストです。


眼鏡フレームサイズの調べ方、数字の意味

サイズの表記

50□20 138

①片方のレンズの幅

②鼻部分の幅

③サイド部分の長さ

 

 

お顔のサイズや目の幅などをある程度知っておくと、『似合う眼鏡』を選ぶ基準にもなります。

point4  似合う眼鏡の形状別まとめ!

丸顔さんタイプ

丸顔タイプ丸みのある顔の方には「スクエアタイプ」のメガネが似合います。角のあるフレームをあわせることでフェイスラインをスッキリとした印象を与えることができることが似合う眼鏡の要因となっています。スクエアタイプ以外ではフレームが上半分だけの「ハーフリムタイプ」、フレームのない「ツーポイントタイプ」もおすすめです。

四角顔さんタイプ

四角顔タイプ四角顔にはやわらかく優しい印象をプラスしてくれる「オーバルタイプ」のメガネがおすすめです。縦幅が深く、太めのフレームを選ぶことで引き締まった印象を与えることができます。オーバルタイプ以外ではフレームが上部のみ下部のみの「ハーフリムタイプ」、丸みのある「ボストンタイプ」、かっこよさをプラスしたい方には「ウェリントンタイプ」のメガネもおすすめです。

面長さんタイプ

面長タイプ面長顔には縦長な印象をカバーしてくれる天地幅のある「ウェリントンタイプ」のメガネがおすすめです。一方、ハーフリムタイプなどの縦の長さを強調してしまうタイプはおすすめしません。ウェリントンタイプ以外では「スクエアタイプ」や「ボストンタイプ」がおすすめです。数あるフレームの中でも人気の高い「ウェリントンタイプ」のメガネはどんな洋服にも似合う万能なフレームです。

三角顔さんタイプ

三角顔タイプ三角顔の細目な顔立ちには「オーバルタイプ」のメガネが似合います。メガネが強調されやすい三角顔タイプでは、太めの眼鏡フレームよりも細身の眼鏡フレームがおすすめです。さらに小ぶりなフレームを選ぶことで、顔全体のバランスが良くなり印象が良くなります。オーバルタイプ以外ではフレームのない「ツーポイントタイプ」、メタル素材の「ボストンタイプ」がおすすめです。