視力測定どのくらいの頻度がベスト?

視力測定どのくらいの頻度がベスト?|視力測定 メガネ 


 

長年メガネをかけているうちに視力が変化してしまって、レンズの度数が合わなくなってくることがあります。

そのまま合わない度数のメガネをかけつづけていると目への負担が大きくなり、眼精疲労視力低下のリスクにもつながります。そんな時はメガネ店へ行き、視力検査をしてレンズを作り直してもらいましょう。適した度数のレンズを使うために、視力検査の頻度やレンズを作る際のポイントをご紹介します。

 

視力測定の頻度はどのくらい?


メガネのレンズは、自分の視力に応じた見やすい度数を保つことが理想です。メガネを購入してから徐々に視力が下がってきて、メガネをかけているのに見えにくい、ぼやけてしまうということがあれば要注意です。度数の合わないメガネレンズは目の負担となり、眼精疲労視力低下を引き起こしてしまうため、メガネの買い換えもしくは、レンズ交換を検討しましょう。

デスクワーク、パソコン作業などで毎日、目を酷使している人は『1年に1回程度』あまりパソコンやスマートフォンを見ない生活だったり、さほど視力の変化を感じなかったりという人は、『2〜3年に1度程度』メガネ店での視力測定をおススメします。

メガネレンズにキズがついた、汚れが落ちないといったトラブルに合わせてメガネ店へ行き、視力測定を行っても良いでしょう。

 

 

メガネの見えすぎはよくないの?


裸眼の視力が低い場合、メガネを作る時にくっきり見えるようにレンズを調整しがちですが、見えすぎの状態は目の負担になってしまう可能性があります。特に近眼用のメガネでは遠くがきれいに見えるように度数を合わせるのが基本ですが、遠くのものを見るための度数が強すぎると、近くのものを見るためにピントを合わせる時に眼の筋肉に大きく負荷になってしまいます。

眼は遠くのものや近くのものを常に交互に見ているため、ピントを合わせるために目の筋肉が緊張している状態が続きます。この緊張が持続すると、目の疲れや視力の低下につながってしまい、せっかくメガネをかけても視力が悪くなってしまいます。

レンズを調整する際は、必ずしもくっきり見えることだけが重要ではないということを覚えておきましょう。

 

 

メガネのベストな度数って?


夜の時間帯に車の運転が多い人は、遠くをしっかりと見える視力が必要なため、メガネをかけた状態で1.2程度の視力が望ましいとされています。しかし、特にそのような習慣がない場合は、両目ともに1.0の視力になるような度数で問題ありません。

また年齢が若ければ、遠くと近くを見る時のピントを切り替える筋力があるため、多少メガネの度数が高くても問題ありませんが、歳をとって目の筋肉が弱くなると、ピントの切り替えがスムーズにいかないことがあります。

その場合は、視力測定を行いながら1.0以下の視力になるような度数にレンズを調整することもあります。これによって目の疲れや視力低下を防ぐようにするのです。大体40代くらいから、このような対応が必要になってきます。

メガネ店の検査スタッフに色々相談をすることで、自分にとってベストな度数になります。

 

眼に負担の少ないメガネ度数を選ぼう


長年メガネをかけているうちに、視力が変化したりレンズが劣化したりして、目に合わなくなってくることがあります。メガネをかけていて見えづらさや目の疲れを感じたら、メガネ店視力測定を行い、新しいレンズに交換しましょう。

メガネ店での視力検査も眼科での視力検査も、基本的に行っていることは同じであるため、目に病気やトラブルがなければメガネ店での視力検査で問題ありません。

メガネを購入する際は、はっきり見えるレンズが欲しくなりますが、度数が高すぎると逆に目の負担になってしまいます。夜間の運転が多い人は両目1.2、そうでなければ両目1.0程度の視力になるよう、度数を調整してもらうことが望ましいです。

担当者と相談しながら、生活スタイルに合ったメガネを作ってもらいましょう。

この記事をシェアする!