メガネレンズの汚れ|メガネレンズ洗浄方法

メガネレンズの汚れ|メガネレンズ洗浄方法

 

メガネをかけたまま仕事などをしている時にレンズに塗料、シンナーなどがついてしまい、きれいに洗ったけど落ちない!というお客様は多いです。

今回は、メガネレンズに汚れがついてしまった場合、どのように洗浄すれば落ちやすいかご紹介いたします。

 

レンズの『塗料の汚れ』、『シンナーの汚れ』はシャンプーは使ったらダメ!


ネットで検索してみると、よくある意見がレンズについた塗料、シンナーは

『シャンプー』『石鹸』などで落ちるという意見があります。

よさそうな意見ではありますが、レンズにはコーティングをしているので中性でない『シャンプー』や『石鹸でシンナー』を取ろうとするのはオススメできません。

おそらく一度で落ちずに何度もシャンプーなどで洗うことになるかと思いますが、コーティングの劣化が進み、メガネの寿命を縮めることにもなりかねません。

レンズを洗えるのは中性洗剤だけですので、

 

『台所洗剤で中性なもの』

メガネシャンプーメガネクリーナーのような専用の洗剤』

 

だけを使うようにしましょう!

 

その他のレンズに使ってはいけない溶剤


洗剤でも中性以外のものは使ってはいけないと説明しましたが、他によくある間違いなものとして

『エタノール』『うすめ液』『ベンジン』

などもレンズに使用してはいけません。

メガネレンズは繊細なものですので、ダメージが残ります。

ネットでも誤った意見が投稿されているものもあると思いますが、中性以外の液剤は使用しないようにしてください。

上のような溶剤を使うとレンズが白く濁ったようになってしまったり、レンズにひびが入って使えなくなることもあります。

これは溶剤で膨張するレンズの箇所と、収縮する箇所とが出てきて整合性が取れなくなり起こる現象です。

即座にレンズ交換メガネの買い替えをしなければいけないようにもなってしまいます。

 

レンズにヘアスプレーがついてしまった!


お客様から、ヘアスプレーの使用時の汚れを落とす場合にも中性以外の洗剤を使用するお話を聞きます。

やはりこの場合でも、中性でない溶剤はレンズを致命的にダメにしてしまうので注意してください。

『とりあえず水で流す』

中性洗剤をつけて軽く指で(爪は当てない)こする』

メガネ屋に持っていき超音波洗浄器を使ってもらう』

 

というように対応していきましょう。

 

メガネレンズの塗料、シンナーの汚れのおススメ対応法


今回のようにレンズに塗料、シンナーがついたというときには購入したメガネ店に持っていくようするのがおススメです。

完全にきれいになる保証はありませんが、レンズの性質を把握し、ベストな状態まで洗浄してくれることが多いいです。

また今後の塗料などの使用時についてですが、メガネの買い替えやレンズの交換となると費用も大変です。

そのためゴーグルをつけるなどをしてメガネを塗料やシンナーから守るようにしていきましょう。

 

 

 

 

この記事をシェアする!